「Q. 撮影現場で起きた一番面白かったことはなに?」「A. ダンス。ラッドとペーニャがたくさん踊ってたんだ」── 日本でも昨日から公開中の最新マーベルヒーロー映画『アントマン』を手がけたペイトン・リード監督がredditに登場。映画史上最小のヒーローを作り上げた裏側を語る!

※ネタバレ注意※
映画公開前に行われたAMAですが、映画の内容にたくさん触れています!ネタバレが嫌な方はご鑑賞後にどうぞ!

1d2469c7-s

元スレ:Hi, I’m Peyton Reed, director of ANT-MAN. Ask me anything!(2015/07/14)

(OP)
『アントマン』の監督、ペイトン・リードだよ。なんでも聞いて!

僕は映画監督のペイトン・リード。『チアーズ!』や『恋は邪魔者』、『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』、『イエスマン “YES”は人生のパスワード』で知られてると思う。『Upright Citizens Brigade』や『Mr. Show with Bob and David』、『The Weird Al Show』を含むテレビのカルトコメディ番組のエピソードもたくさん監督した。
今はみんなに新作映画『アントマン』を見てもらうことにすごくワクワクしてるところだよ。ポール・ラッドとマイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、マイケル・ペーニャ出演で、今週金曜日の7月17日公開だ。
君たちの質問に答えにここに来た。だからどんどん聞いて!

証明:https://twitter.com/MrPeytonReed/status/621036796927868928 


Q. ヘイ、ペイトン。最近うちでアリの大群を発見したんだけど、追い出すためのアドバイスがなんかある?

A. マーベルが君にアントマンヘルメットを貸してくれるといいね。そしたらアリたちに出て行くよう命令できるから。マーベルが「YES」と言う保証は僕にはできないけど。
 
Q. 一番お気に入りのマーベル映画は?(『アントマン』って言ってもいいよ)

A. オーケー、『アントマン』

Q. 『アントマン』はコメディ映画……?アクションはどれぐらいあんの?

A. 『アントマン』はコメディだよ。それにたくさんのアクションがある。変わったアクションが。

Q. 『アントマン』製作で学んだ一番のアリについての情報は?

A. サシハリアリがシュミット指標(調べてみて)のトップにランク付けされてることを知ったよ。

(訳注:シュミット指標=ジャスティン・O・シュミット博士が自らの肉体で行った虫刺され実験による痛みの指標)

Q. もし可能なら、君はアントマンの名前を変える?
(訳注:本編ではカットされていますが、予告編でピムから「君にアントマンになってもらう」と言われたスコットが「その名前、もう変えられない?」と聞くシーンがあります。カットした理由は予告編で使ったネタだから本編では別のネタを採用したとのこと。代わりに入れられたのがファルコンに名乗るシーン)

A. 僕はアントマンって名前が大好きだよ。人はその名前で彼を過小評価する。そうするなら、自己責任で。

Q. 小さくなれることをクールなスーパーパワーにする方法を見つけるのに苦労した?


A. 今テクノロジーはすごく進んでいるから、僕らはクールに見せるたくさんの方法で遊べたよ。電光石火のスピードでサイズを変えるアントマンの能力はその中のひとつに過ぎないんだ。 

Q. 『アントマン』の撮影でなにが一番難しかった?普通サイズとアントマンサイズで撮影するっていう課題はどのぐらい難しかった?

A. 全てが挑戦だった。全てをダイナミックかつリアルに見せたかったんだ。
一番難しかったことのひとつは、オープニングシーンのハンク・ピムの「若返り」だった。これをやるのは厄介なんだ。特に、25年前のマイケル・ダグラスの姿を誰もが知っているからね。
おまけに映画の最初のシーンだ!もしうまくいかなかったら、観客の一部は映画の冒頭で混乱するだろう。幸運にも、LOLAというVFX会社がその仕事を手がけて、驚異的な出来になったよ。

(訳注:LOLAは『キャプテン・アメリカ』でクリス・エヴァンスを痩身矮躯に「縮小」するVFXを手がけた会社だそうです) 



Q. なんでアントマンが小さくなってるシーンでマクロ撮影を実行しようと思ったの?

A. 映画中の全ての縮んだシーン作りを追求するために、マクロ撮影をたくさんやったんだ。アリたちの撮影でも。可能な限りリアルにするために。
 
 Q. どうやってあんなに小さいカメラを作って撮影したんだい?あんなサイズのカメラの操作は難しかったんじゃないかと思うけど。

A. ミニチュアカメラの製作を助けてくれるアントテクニシャンの大群がいたんだよ。それに ── アントオペレーターたちがね。

Q. ポール・ラッドとの仕事はどうだった?彼はスクリーンで見るのと同じぐらいリラックスしてるの?

14612467699_83c050d544
photo credit: Paul Rudd via photopin (license)

A. ポールとの仕事は素晴らしかったよ。彼はすごく落ち着いてる。気温35℃の真夏のジョージア州でアントマンスーツを着てるときでさえもね。

Q. 君はたくさんの素晴らしい俳優たちと仕事してきたよね。これまで一緒に映画や番組を作ったコメディアンの中で一番面白いのは誰?

A. たくさんの面白い人たちと仕事してきた。ランク付けは断るよ。でもこの二語を言おう:エイミー・ポーラー。 

Q. 『アントマン』撮影現場で起きた一番面白かったことはなに?

A. ダンス。ラッドと(マイケル・)ペーニャがたくさんダンスしてたんだ。君たちもDVDやBlu-rayで見られるよ。
 
Q. 長い間『アントマン』プロジェクトを手がけていたエドガー・ライトから、本質的に映画を引き継いだ気分はどうだった?

『アントマン』の企画は2006年4月に始まり、ライトが監督・脚本、コーニッシュが共同脚本として雇われた。2011年4月までにライトとコーニッシュは3つの草案を完成させ、2012年7月にライトはテスト映像を撮影した。プリプロダクションはライトが『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』を完成させた後の2013年10月より始まった。キャスティングは2013年12月より始まり、ラッドがスコット・ラング役に決定した。2014年5月、ライトはクリエイティブ面の相違により降板したもののコーニッシュと共に脚本・原案としてクレジットに残った。
Wikipediaより

A. 僕に電話がくるまでに、彼はこの映画から完全に去っていたんだ。
僕はアントマンを1キャラクターとしてずっと愛してきたし、映画化に情熱を持っていた。僕が知ってるのはこれだけ。君たちが気に入ってくれることを心から願ってる。

Q. コミックの『アントマン』シリーズで一番のお気に入りはどれ?

A. 僕はピムの初代『アントマン』とともに育った。だからコミックでは彼がいまだに一番のお気に入りだよ。ラングのアントマンにも同じくらい夢中になったし、エリック・オグレディ(3代目アントマン)にもしびれた。あれはアントマンを再度作り出す賢いやり方だったね。

Q. どうしてハンク・ピムじゃなくてスコット・ラングを主人公にしたんだい?

A. ピムを年長の優れた指導者/助言者にして、ラングを新しいアントマンにするアイディアは、ライトと(ジョー・)コーニッシュの草稿にあったんだ。映画を見たら気に入ってもらえると思うよ。 

Q. エドガー・ライトの脚本をどのぐらい変更した?

A. 大幅に、かな。基本的な構造とキャラクターたちは残った。でもたくさんの要素を追加して、キャラクターの性格描写を掘り下げた。アダム・マッケイ、ポール・ラッド、アンドリュー・バーラー、ゲイブ(ガブリエル)・フェラーリ、エリック・ピアソンによる偉業だよ。

Q.  ポール・ラッドがキャラクターにもたらした(君もそれを期待していた)最高の要素は何?

A. 信頼性、共感性、5つ星のユーモアセンス。それに加えて:腹筋。

Q. 『アントマン』監督中にどんなトラブルがあった?どう乗り越えた?

A. こう言わざるを得ない。アントマンの撮影は衝撃的なまでに苦労知らずだった。たくさんの変更があったよ、たしかに。でも各々が正面から取り組む一流のチームがいたんだ。

Q. 最近のマーベルユニバースのトーンと合わせるために変更したの?それともマーベルユニバースの連続性のため?

A. 『アントマン』をマーベルユニバースに合わせるための変更は比較的少なかった。変更のほとんどが、コミックの中の僕が大好きな要素とか、映画を感動的にしたり、さらに笑えるものにしたりする要素を取り入れるためものだったんだ。 

(9/20 18:00追記:せっかくなので変更点を調べてみました)
エドガー・ライト&ジョー・コーニッシュ脚本にあった要素
  • スコット・ラングがハンク・ピムからアントマンスーツを盗み出す設定
  • ハンク・ピムのメンターとしての立ち位置
  • 子供部屋での戦闘&機関車トーマス
ペイトン・リード引き継ぎ後に加えられた要素
  • ルイスの吹替長ゼリフ説明シーン
  • スコット・ラングの金庫破り 
  • ホープの母、ワスプの存在
  • 量子の世界
  • ハンク・ピムを襲った過去の悲劇とそれに起因する現在の彼の性格
  • ファルコンの登場(マーベルの意向ではなく、コミックファンのリードとアダム・マッケイのオタク心によるものとのこと)
ソース:RadioTimes
 
Q. 他のマーベル映画よりももっとエキサイティングにしたり、独特なヒーロー映画にさせる何かが『アントマン』にはある?

A. 『アントマン』は他のヒーロー映画とはかなり違うものになってると思うよ。大きくなる代わりに小さくなる。
事実を直視しよう:縮んでアリを操る(!)なんて変なパワーだ。でもそのパワーのおかげで、君たちが他の映画では絶対に見たことがないと保証できる映像をスクリーンに持ち込むことができたよ。

Q. マーベルと仕事した経験を語れるかい?最高と最悪な面は?

A. マーベルとの仕事はとても良い経験だったよ。サポートされていると感じていたし、作りたかった『アントマン』映画を作れた。優れたキャスト、才能あるVFXアーティストやクルーと仕事できたことも素晴らしかったね。

Q. 映画からはカットされたけど、僕らが後で見れるシーンがある?

A. ラフカットは3時間くらいあった。僕の最初のカットはおよそ2時間15分。『アントマン』をタイトにして、2時間内に収めることに必死だった。最終的には成功したよ。
DVDやBlu-rayに収録されるクールなカットシーンがいくつかあるよ。トレーニングシーン、アントマンスーツを着て悪さをするスコット、などなど……

 └・えぇっ、2時間以下の超大作?それはレアな気がするな。お疲れ様。

  └(OP) ありがとう。僕は簡潔な映画が好きなんだ。君もそうだといいな。

Q. 『キングスマン』とか『ジャッジ・ドレッド』とか『キック・アス』みたいなR指定コミック映画をどう思う?将来マーベルも製作するかな?『デッドプール』がFOXで映画化されるのは知ってるけど。

A. 『ジャッジ・ドレッド』は見てない。『キングスマン』はすごく気に入った!
マーベルがこれからR指定コミック映画を作るかどうかは誰にもわからない。彼らはやったことのないことをやるのが大好きだよ。



Q. 才能ある俳優陣と仕事をして、一番思い出に残ってることはなに?

A. たくさんの素晴らしい思い出がある。でもマイケル・ダグラスとの仕事を特筆したい。彼は真のスターで、優れた俳優で、完璧な紳士なんだ。

Q. 『アベンジャーズ』次回作でアントマンを他のマーベルスーパーヒーローに合流させるアプローチをした?

A. スコット・ラングは『キャプテン・アメリカ/シビルウォー』に確かに登場するよ。その後のことは……誰にもわからない。

Q. 映画のキャシー・ラング(スコットの娘)の年齢から言って、今後の映画にスタチュアを出すのは無理?

A. スタチュアについて聞いてくれて本当にうれしいよ。将来何が起こるかなんて誰にもわからない。
でも映画の中の出来事から、彼女がヒーローになりたがるだろう理由が簡単に見て取れるよ。

Q. ハイ、ペイトン。こちらイギリスだよ。『アントマン』はまだ見てないけど、ちょっと「スーパーヒーロー疲れ」(イギリスならでは)を感じてるんだ。そこでなんだけど、僕に『アントマン』を観に行かせるために、君はなんて説得する?

A. こう言うだろうね。
「もし笑うのが好きなら、『アントマン』を見に行って。もしこれまで映画の中で見たことがない映像を見たいなら、『アントマン』を見に行って。後悔はさせないよ。保証する」

(OP)
素晴らしい時間を過ごしたよ!みんな質問をありがとう!

tnさっそく『アントマン』を見てきたので翻訳しました。
マイケル・ペーニャのどうでもいいのに見事なリップシンクが最高でした!
他にも質問に答えてくれていたので、残りは元スレでごらんください。

(お知らせ:しばらく2週間に1度を目標に更新していきます)

読んでくださってありがとうございます。ブログランキングに参加しています
↓この記事が面白かったと思ったら、応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ