「Q. 一番聞かれ飽きた質問は?」「A. 『映画の撮影中に殺されかけた?』」── 過激で下品で不謹慎すぎるキャラクターに扮し各地で騒動を引き起こしてきたイギリス人俳優、サシャ・バロン・コーエンがredditに登場!

元スレ:Hello Reddit, it's Sacha Baron Cohen, star of action comedy family animal porn movie 'The Brothers Grimsby'. Ask me anything. Apart from for money. (2016/03/10)

(OP)
サシャ・バロン・コーエンだ。
君たちはコメディキャラのボラットやブルーノで俺を知ってるだろう。過去最高に無礼で非現実的なキャラクター、ドナルド・トランプでも知られてるかな。
このAMAを3月11日公開の『ザ・ブラザーズ・グリムズビー(原題:The Brothers Grimsby)』のためにやるよ。

証明:
d4011f5f-s



サシャ・バロン・コーエンSacha Baron Cohen, 本名: Sacha Noam Baron Cohen, 1971年10月13日 - )はイギリスコメディアン俳優

アリ・Gイギリスラッパー)やブルーノ(オーストリア出身のゲイのファッション評論家)、ボラット( カザフスタン人のジャーナリスト)といったキャラクターで知られている。

Wikipediaより


Q. 今もボラットのマンキニ(肩に紐をかけて着用するV字型の男性用ビキニ)をときどき着てる?


A. あぁ。妻と愛し合うときにだけ。

Q. 一番聞かれ飽きた質問は?

A. 「映画の撮影中に殺されかけた?」

Q. 撮影やプロダクションの過程で最も危険だった、あるいは気まずかった状況は? 

A. 危険な状況はたくさんあったよ。特に『ブルーノ』では。君がカザフスタン人レポーターなら、周りの人間はビビる。でも君がオーストラリア人同性愛者なら、アーカンソー州の真ん中じゃ周りの人間は君を殺したがる。
あるとき俺は3人の男たちとハンティングに出かけた。夜にみんなでキャンプファイアーを囲んでいて、俺はブルーノ、オーストラリア人の同性愛者を演じていた。 俺は言った。「ねぇ、『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャラクターで誰が一番好き?」1人が返事した。「『セックス・アンド・ザ・シティ』は見ない」俺は言った。「えぇっと、それっていかにもサマンサが言いそう!」そして夜空を見上げて続けた。「ねぇ、あの星々を見上げてごらんよ。そしたら世界中にイイ男が星の数だけいるってことに気づくよ」この時点で、3人の男たちはライフルを手に取って弾を装填した。俺にとって気がかりだったのは、この1時間後に彼らのテントの1つに裸で忍び込んで、「クマに服を全部食べられちゃった」って言い訳をする予定だったことだ。

 └・どうやってそんなにうまく撮影できたんだい?

  └・サシャのキャラクターはいつも、ひっかけるターゲットに本格的な企画だと信じさせるんだ。彼のチームはハンターたちに「私たちは外国人男性が狩りとキャンプを体験するドキュメンタリー番組を撮影したいんです」とかなんとか言って、了承を得るんだ。古典的なおとり商法さ。

関連記事:【父2人】同性婚の子どもだけど、なんか質問ある?【子2人】
 
Q. 君はいろんなクレイジーなことをやってきたけど、キモすぎるとか怖すぎてやらないだろうってことがある?

A. あぁ、やらないだろうことはたくさんある。めちゃくちゃ面白いと思うことしかやらないんだ。おまけに俺は精神上の問題を抱えていて、自分の行動の結果が予測できない。だからライターズルームで仕事仲間と一緒に何かを思いついて、それを撮影する日にどんな気持ちになるか全然考えないことがよくある。
そのいい例が全裸プロレスだ。ライターズルームで話し始めた時は本当にすごく笑えるだろうと思った。でも撮影の日になって、260ポンド(約117kg)の、25年洗ってないケツの穴を持つ全裸男と対峙した時、そのジョークは突然あまり笑えるものじゃなくなったんだ。

Q. どのキャラクターが一番演じてて楽しかった? 

A. おそらくブルーノかな。彼が一番清潔だから。『ボラット』では十数年洗ってない衣装を着てたし、デオドラントもつけられなかったし、1人のスタッフと当時1年間うろちょろしていたし、ときには260ポンドの男が顔に座ることさえあった。そういうわけで、ボラットを演じるのは極めて不快だった。
でもブルーノは清潔だしいい香りがする。毎日全身のムダ毛を剃ってくれるスタッフが少なくとも1人か2人はいたし、すごく保湿されてた。それからもちろん、肛門のホワイトニングもしてたよ。あらゆる男が密かに憧れていることさ。
 
Q. 『ボラット』の撮影の中でも最悪だったことは?

A. 全裸プロレス。
25ポンド(約11kg)の男の裸のケツを顔に乗せられたから。あのケツはすごくデカくて、下じゃ本当に息ができなかった。30秒ぐらい息を止めていたけど、息が持たなくなって監督にサインを送った。気絶しそうだと思ったんだ。マットを3回叩いた。君たちが『ボラット』を見返したら、俺がマットを3回叩いてるシーンを見られるだろう。でも監督はカメラを止めなかった。つまり、俺は極めて厳しい選択に直面していた。「死ぬ」か、「共演者の直腸から出る悪臭を放つ空気を吸う」か。ケツの下で俺は死を選択した。幸運にも、共演者がどいて俺はなんとかそのシーンを撮り終えた。でなきゃとても不名誉な人生の終え方になっただろう。

Q. 『ブルーノ』でのプロレスシーンの撮影はどれぐらいハード(股間のことじゃなくて)だった?
(訳注:プロレスファンの前で、プロレスをやると見せかけて男性同士の濃厚な絡みを始めるシーンがあります)

A. すごく気苦労が多かった。というのも、二晩連続で殺されかけたからだ。一夜目はアーカンソー州のテキサカーナでやって、ものすごくヤバイことになった。観客はパイプ椅子をリングに投げ込み始めたし、ステロイドで筋肉増強した巨大なアルティメットファイターがリングに飛び込んできて、俺をボコボコにしようとした。だから脱出せざるをえなかった。
その晩アーカンソー州の別の町まで夜通しドライブして、次の夜に2度目の試合をやった。で、スタジアム内で暴動を引き起こした。でも幸運なことに、事前にリング内に抜け道へと通じる強化された秘密のドアを作っていて、その先には車を止めていた。ドアを開けたまま車を走らせて逃げて、俺と共演者は処刑を免れたよ。

Q. どれぐらいアドリブを混ぜて演じてるの?

A. 映画によって違う。例えば『ボラット』ではたぶん70%ぐらいがアドリブだ。『ザ・ブラザーズ・グリムズビー』ではおそらく40%かな。  

Q. その新作映画のタイトル、『グリムズビー』だけじゃなかったっけ?地域によるの?

A. あぁ、オーストラリアとイングランドでは『グリムズビー』と呼ばれてる。でもここアメリカじゃ『ザ・ブラザーズ・グリムズビー』だ。俺のアイディアじゃないよ。

 └・クソアメリカ人め!

  └・ま、少なくとも 『グリムズビーと"魔法使い"の石』じゃないさ。

   └・"堅者"なんて単語難しすぎるよ! 

 └・ドイツでは『スパイと兄(Der Spion und sein Bruder)』ってタイトルだよ。

  └・ドイツの映画タイトルは最悪だな。 

Q. 『ザ・ブラザーズ・グリムズビー』での髪型は本当にリアム・ギャラガーを基にしてるの?

A. いや、リアム・ギャラガーの髪型が俺の『ブラザーズ・グリムズビー』を基にしてるんだ。『CONAN』に出たときに、初めてリアム・ギャラガーに会って、その後彼に目を刺してやるって脅された話をしたんだ。リアム・ギャラガーももう公式発表して、事実とは違うって言ってる。実際は、両目を刺してやると脅したんだと。

 └・実にリアム・ギャラガーらしい……

 └・『CONAN』でのギャラガーについてのインタビューを見たことない奴がいたら見るべきだね。素晴らしいエピソードだよ。



Q. アカデミー賞授賞式でのパフォーマンスのせいで激しい批判を浴びた?
(訳注:2016年の第88回アカデミー賞授賞式でサシャ・バロン・コーエンは、アメリカのヒップホップカルチャーにかぶれている白人ラッパー、アリ・Gに扮し、白人だらけのアカデミー賞を揶揄してこう発言「俺は見落とされ続けてるみんなを代表してここにいるんだ。ウィル・スミス、イドリス・エル"ボウ"、それにもちろん、『スター・ウォーズ』の あのすげぇブラックガイ……ダースベイダー」「なんだってすごく謹厳な彼らにオスカーをあげずにいられるんだ?黄色い彼らだよ、チ●コのちっちゃい。わかるだろ?──ミニオンだよ」)

A. あぁ、オスカーのプロデューサーたちは憤慨した。でも彼らは前から俺に憤慨してたのさ。招待されることは二度とないだろうね。

Q. アリ・Gがドナルド・トランプに一番聞きたい質問は?

 └・アリ・Gは実際にトランプにインタビューしたことがあるよ。

A. トランプはミソジニスト(女性を軽蔑し嫌悪する人)で、俺が思うに、あいつがクソ女たちを身につけてる光景はキモいね。

 └・R.E.S.T.E.C.P!

 └・質問じゃないとこが最高だね。

Q. お願いですから、後生ですから、フレディ・マーキュリーを演じていただけませんか?

A. あー、君、演じるつもりはないよ。理由は昨日の『ハワード・スターン・ショー』で説明した ── チェックしてくれ。

(訳注:フレディ・マーキュリーの伝記映画で主演する予定でしたが、現在のクイーンメンバーと映画の方向性についての意見がかみ合わず、やむをえず降板したとのことです)

Q. 今までにやったことで後悔してることがある?

A. あぁ。やらなかったのを後悔してることがあるよ。
オーストラリアの深夜のトーク番組に出たときの話だ。ブッキング担当者がとんでもないミスをやらかした。彼はオーストラリアの首相が出演するのと同じトーク番組をブッキングしたんだ。俺は当時『ブルーノ』をやっていて、番組でストリップショーをやろうと完璧に計画立てていた。ズボンとTバックを引き裂くまで込みで。俺の目的はオーストラリア首相にラップダンスを踊ってみせて、彼の顔に股間を突きつけることだった。もしやったら国際問題になっただろうし、おそらくオーストラリアから締め出されただろう。不運にも俺はビビって、しかも結局首相のボディガードに締め出された。

Q. 思い付いたけど、今の世界にはまだ早すぎるなと思ってやめたキャラクターがいる?

A. いるよ。昔ムジャーヒディーンっていうコメディーキャラを演じていた。
彼はとても感じのいいイスラム原理主義テロリストで、ただ愛されたがっていて、スタンダップコメディーのセリフを言いたがっていただけなんだ。最終的にあのキャラは強い反発を受けた。
構わないよ、その後アリ・Gを思いついたから。

ムジャーヒディーンアラビア語 مجاهدين‎ mujāhidīn)は、アラビア語で「 ジハード を遂行する者」を意味するムジャーヒド(アラビア語 مجاهد‎ mujāhid)の複数形。一般的には、イスラム教 の大義にのっとったジハードに参加する戦士たちのことを指す。最近はイスラム教による連携した 民兵を指すことが多い。
Wikipediaより 

Q. 映画の宣伝で気に入ってることは?映画スタジオに恐ろしいことさせられることある?

A. 映画の宣伝では自分がやりたいことはなんでもやる傾向にある。
カンヌ国際映画祭で緑のマンキニを着てビーチに行って、女の子たちをはべらせたのは俺のアイディアだ。『ボラット』の宣伝のとき、スタジオは俺がカザフスタン大使館の外に立って記者会見をやることに乗り気じゃなかった。でもあのキャラクターは俺のものだから、なにをしようと俺の勝手だ。だから普通のつまらない記者会見は避けおおせた。他の俳優たちがやらされてるやつだよ。もちろん、彼らは楽しんでるフリをしてるんだ。

Q. 『ヒューゴと不思議な発明』でのマーティン・スコセッシとの仕事はどうだった?

A. 信じられないぐらい素晴らしかった!夢がかなった。彼は巨匠だ。おそらく今の映画監督たちのなかで最も偉大で、かつ史上最高の映画監督かもしれない。半年間彼の映画の作り方を勉強する権利を得られた。彼はたいていひとりで座って映画を見ている。それで俺は、隣に静かに座って監督の仕方を学んでもかまわないか彼に尋ねた。1ヶ月後、彼は隣の椅子に座ることを許してくれた。最高だった。比類なき人物だよ。 

Q. 新作の製作ではどこが最高だった?(ネタバレなしで!)

A. 最高だったのはアクションの新しいスタイル作りだ。俺たちはこの映画をスパイパロディー映画じゃなくボンドやジェイソン・ボーンシリーズよりいい映画にしたかった。だからマーベルヒーロー映画や『グランド・イリュージョン』を監督したルイ・レテリエと、素晴らしきロシア人監督Ilya Naishullerと一緒に映画を作ったんだ。俺たちはアクションにおいて一人称視点の撮影スタイルを開発した。世界一のスタントマンたちにヘルメットにカメラを装着した状態でアクションさせて、すべてのスタントをリアルに切れ目なく撮影したんだ。
だから一度に7人が戦うのも、車にひかれるのも、橋をジャンプするのも、トラックによじ登るのも、爆発寸前のビルから飛び降りるのも、全部が現実だ。『コール・オブ・デューティー』をプレイしてるような感じだね。でも生身の人間がやってるんだ。

Q. 今後の生涯を今までに演じたキャラクターで過ごさなきゃいけないとしたら、誰を選ぶ?理由は?

A. たぶん新作映画『ザ・ブラザーズ・グリムズビー』のノビー。家族思いの男だし、酔っ払うし、とても思慮深い量のドラッグをやるから。

Q. 本当に本当に重要な質問をひとつだけしたい。ノビーはリチャード・アシュクロフトとリアム・ギャラガーの間の隠し子かい?

A. いいや、彼はリアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーの間の隠し子だよ。

 └・素晴らしい。君の映画を見なきゃいけない気持ちになった。AMAは大成功だ。

関連記事:【オアシス】ノエル・ギャラガーだけど、なんか質問ある?【NGHFB】




1元フィギュアスケート選手のサーシャ・コーエンさんがご自身のAMAで、名前が似ているせいでサシャ・バロン・コーエンと間違われると言っていたのを思い出しました……

読んでくださってありがとうございます。ブログランキングに参加しています
↓この記事が面白かったと思ったら、応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ