「目下のところ、俺はカメルーンでは賞金首だけど、後悔はしてないよ」── 今回は、亡くなった人や動物を商品として販売している、かなり風変わりなお店の店主によるAMAです。

注意:本記事中にはありませんが、リンク先には人によってはショックを受けるおそれのある画像が含まれています。苦手な方はクリックなさらないようご注意願います。

1bab17f8-s

元スレ:I sell dead people. I'm the founder of a museum and own one of the world's biggest oddity shops. AMA!(2016/06/20)

(OP)
俺は死人を販売してる。ある博物館の設立者であり、世界最大の珍品店のひとつを経営してる。AMA!

俺の名前はベン・ロヴァット。トロントでPrehistoria Natural History CentreSkullStore Oddity Shopを経営してる。もし君が浜辺でクジラの死体を見つけたり、君の動物園でトラが死んだりしたら、うちのチームが解体して骨にして、標本にできるよ!
2週間前、俺が今取り組んでいる妊娠中のコウモリ(と胎児のコウモリ)の骨の画像がネットで広まったけど、同じぐらいクレイジーなものをInstagram(@natural_selections)に山ほど載せてる。
大きな動物園や、先住民族、動物のブリーダー、教育機関/学校、そしてあのロイヤルオンタリオ博物館にも協力してる!
ギフトショップの「SkullStore」はクレイジーなもの、本物の人間の干し首から古代エジプトのミイラまでを取り扱ってることで世界的に有名なんだ。
もし死体加工工場や博物館、世界の奇妙な珍品屋の裏側で何が起こってるのかを知りたいなら、今がそのチャンスだ!



Q. 次に君の店に行ったとき、ネクロマンサー用頭蓋骨製マスク(注意!リンク先画像有)を試着できる?それとも俺の頭は大きすぎると思う?ダメだったら、代わりにナガランドの頭蓋骨製王冠(注意!リンク先画像有)を試しても良い?

ネクロマンシーは、死体による占い全般を指す通俗的な呼称で、未来や過去を知るために死者を呼び出し、また情報を得るために一時的な生命を与えることを含む。
Wikipediaより

A. ハハ。そのネクロマンサーマスクは、ある修道士のために作られたものなんだ。だから君の頭が小さくて、なおかつ髪がなければ、被れるよ!
ナガランドのパーティーハットを被るのも大歓迎だけど!

関連記事:【南米先住民族】アマゾンの呪術師だけど、なんか質問ある?【ヤノマミ族】

Q. 『ネクロノミコン』の作業コピー持ってる?


ネクロノミコン (Necronomicon) は、怪奇作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの一連の作品に登場する架空の書物である。ラヴクラフトが創造したクトゥルフ神話の中で重要なアイテムとして登場し、クトゥルフ神話を書き継いだ他の作家たちも自作の中に登場させ、この書物の遍歴を追加している。
Wikipediaより

A. 良い考えだ!

Q. 販売する人間の死体はどこから入手してるの?

A. 過去に販売した人体標本の大部分は、医療機関や教育機関から入手したものだ。トロント大学の書店だって、数十年骨や頭蓋骨を販売してた。ほとんどは科学へ貢献したもの、あるいはインドからの輸入品だった……これは全く別のクレイジーな話だ。もし君たちが興味あったら掘り下げて話すこともできるよ。

(訳注:インドは元世界一の人体標本輸出国。墓地の遺体を掘り起こしたり、行き倒れの遺体を見つけたりして死体工場へ送り、加工してアメリカ等へ輸出していたそうです。ちなみに現在は法律で輸出が禁止されており、代わって中国が世界一なのだとか)



Q. 客が買いたい商品をリクエストして、君がそれを探す?それとも先に商品を見つけて、売り手を探す?

A. 真剣な注文なら、なんだって探し出せる。
でも未だかつて目にしたことのないアイテムを手に入れることにも、ベストを尽くしてるよ。もし俺が見たことがないほどの珍品なら、必ず誰かが欲しがるとわかってるからさ。

Q. 今までに受けた最も異様な注文は?

A. 相対的に全部……普通の人から見ればほとんどすべての注文が異様だね。
際立って異様だったのが……アルマジロ(armadillo)で作られたアンティークのバスケット。ある人物が、彼らの「アダルトダンジョン」のために購入したんだ。
それ以来、店の人間は彼らのことを「アルマディ●ドス(armadildos)」と呼んでる。

Q. 買取を断ったクレイジーな品物ってある?

A. ある男性が、自宅のガレージで大工仕事中にうっかり指を切り落とした。彼は数日後に切り落とした指を発見し、鎮痛剤でトリップしながらやってきて、それを売って酒代の足しにしようとした。断ったよ。
一度は返金を断ったこともある。「当店の返品ポリシーは死体には適用されません」なんて口に出す日が来るとは思ってもみなかった。でも実際に起きたんだ!
ある女性が人間の大腿骨をオンラインで購入して、住所を確認するために電話してきた。2週間後、VISAから通知が来た。俺が不正注文を通したから、その金を取り返すと書いてあった。俺は彼女が合法的に購入を完了した証拠を突きつけて抗議した。VISAは俺が正しいと判断した。
その翌日、彼女が俺に電話してきた。彼女の家にすぐに来て、骨を持って帰ってほしいと言うことだった。彼女は別の国に住んでたってのにだ。俺は何が問題なのか尋ねた。彼女が言うには、その骨を魔術に使おうとしたが、呼び出したかった霊じゃないのが出てきたらしい。どうやら呼び出された怒れる亡霊は、今や彼女の納屋に取り憑いていて、そこに誰かを送り込んで骨と亡霊を取り除くのは俺の責任だということだった。んなもん、まとめてお断りだ!

Q. 幽霊の存在とか、霊が取り憑くとか信じてる?

A. そういうのは信じてないね。
これまで数多の文化を研究し、南太平洋のいろんな場所から来た食人族の戦利品を販売してきた。もしバーベキューにされた人間やイノシシの頭蓋骨のオーナメント(changit)が俺に取り憑かないなら、いったい何が取り憑くってのかわからない。
いまだに頭蓋骨からは、ハーブとスパイスがブレンドされた薄気味悪くも美味しそうな香りがするよ。

Q. これまでに所持したor売った最高額商品は?

A. 最高級品のほとんどは、資産を有効活用しようとしているコレクターからの委託販売品だ(たいてい彼らは、もっとクレイジーなものを手に入れようとしてる)。俺は世界中に広がる数万人のバイヤーたちのネットワークを持っているから、商品の良い行き先を探すのは難しいことじゃない。
最高額アイテムはおそらくこれ。本物のサーベルタイガーの頭蓋骨。

R0Lo2u6

Q. その頭蓋骨でいくらぐらい?

A. サーベルタイガーの頭蓋骨は、平均でだいたい3万USドルだね。

Q. 君の上得意様の「ショールーム」をシェアできる?買われたアイテムが家やオフィスなんかでどういう風にディスプレイされるのかに心奪われてるんだ。

A. 上得意様のほとんどはコレクションの写真をアップしてない。活動家のグループや泥棒を避けるためだよ……deadmau5はコレクションで彼のファンを釣ってとても楽しんでるようだけどね。
これがうちのコレクションのほんの一部!

DSC02080-001

deadmau5(デッドマウス、dead mouse)ことジョエル・トーマス・ジマーマン(Joel Thomas Zimmerman、1981年1月5日 - )は、カナダオンタリオ州トロント出身のエレクトロニカハウスミュージシャンDJパフォーマーである。日本ではネズミDJとも呼ばれる。
Wikipediaより

 └・君たちがこういうものに興味あるなら、/r/OddityCollectors(珍品蒐集家板)に来なよ。俺もベンの店で定期的に購入してる客で、人間だったものを含むコレクションをアップしてるよ。

  └・うへぇ、その板、奇妙なもんがいろいろアップされてんな!

Q. なんでそういう奇妙でクレイジーで素晴らしいものにそんなに興味を持つようになったわけ?

A. ずっと自然と歴史を愛してきたんだ。
地球について学ぶことを日々の仕事にできたのは、ただ幸運だっただけさ。

Q. 死んだ人のパーツを売っていることで変な気分がしたり、罪の意識を感じたりすることある?

A. 初めて人間の頭蓋骨を手に入れたときは、ちょっと気味が悪かった。でも時間が経つにつれ、死体を扱うことに慣れたよ。
最近は人間の脳のサンプルを扱ってる(し、完全な脳もひとつ売った)。脳を手に持つのは興味深い経験だったね。

Q. 骨を切断するときの匂いにどう対処してるんだい?
それと、アンティークの鹿のツノに彫刻をする際のアドバイスがなにかある?


A. 概して外や換気の良い場所で作業してるが、あぁ、臭いよ!
防毒マスクを装着しろ。骨の粉塵を吸入すると肺がひどいことになる可能性がある。

Q. カツオブシムシはどこで手に入れてる?

A. 実はロイヤルオンタリオ博物館の元学芸員がコレクションとして集めてた虫を購入したんだ。
 
カツオブシムシ
多くはたくさんの細
に覆われ、蚕蛹()や毛織物などの繊維質を餌とする害虫
干からびた動物のタンパク質を食べ、は食べないという性質を利用して、脊椎動物骨格標本作りにも利用されている。
Wikipediaより

Q. これまでに法的トラブルを引き起こしたアイテムはあった?


A. 法的な問題は一度もなかったよ。
でもカナダの他のディーラーは、盗まれた人間の脳の標本を売っていた。警察はディーラーがそれを盗品と知っていたと証明できなかったけど。

Q. アイテムの真贋はどうやって見極めるの?

A. 山ほどの研究。とくに動物のパーツとなるとね。ディーラーの大部分が信じられないほどうさんくさいんだ。
俺がこのビジネスで基づいている原則は、自然保護と持続可能性だ。そのせいで密猟者や密輸業者、単純に動物の命を気にかけない……その死体につく値段しか気にしない人たちとの間でいろんな衝突が起きる。
目下のところ、俺はカメルーンでは賞金首だけど、後悔はしてないよ。

 └・>目下のところ、俺はカメルーンで賞金首だけど、後悔はしてないよ。
  詳しく!

  └(OP) ある男から、密猟されたゴリラやチンパンジーやマンドリルを売るというオファーをもらった。彼はそれがアボリジニの人たちによって、合法的に狩猟されたものだと主張していたんだ(イヌイットがホッキョクグマの狩りをできるのと同じように)。
俺はカナダ政府当局に連絡して、本当にそんな制度があるのかと聞いた。そしたら彼らは、そんなの嘘っぱちだと回答した。でもあの男は「金を送れば小包を受け取ることを約束する」詐欺を働こうとしたらしい。彼を呼び出すと、「誠意の印として」1週間後に着払いで小包が届くことが知らされた。
その小包について国境から警告があって、中には銃で撃たれた形跡のあるマンドリルの頭蓋骨が2つ入っていた。俺は支払いを拒否し(支払ったら重罪に問われただろう)、その品をカナダ政府当局に提出した。
それ以降、殺してやるという脅迫が届くようになったんだ。警察からは、その男が国際的麻薬カルテルのボスで、武器の売買もやっている可能性が高いと知らされた。俺は数ヶ月間警察の保護下に置かれ、そのうち男は手を引いた。

関連記事:【現代の賞金稼ぎ】元バウンティハンターだけど、なんか質問ある?【兼 保釈保証人】

Q. 店にあるアイテムで個人的に一番気に入ってるものは?

A. ホモ・ハビリスによって作られた4つの道具を持ってる。これらは遡ること220万年前、人間の進化の歴史の最初期に作られた道具なんだ!!
俺たちの家系が初めて、生き残るために肉体ではなく環境を改造した……文字通り、「発明」の発明さ!

ホモ・ハビリスHomo habilis)は、240万年前から140万年前まで存在していたヒト属の一種。 "handy man"(器用な人)の意。中国語では「能人」という。
1964年タンザニアオルドヴァイルイス・リーキーによって発見された。現在分かっている限り最も初期のヒト属である。

Wikipediaより


Q. 君が出会った最も奇妙な品は?すぐに売れた?

A. いろんなタイプの首狩り族の戦利品が浮かんでくるけど……本物の子どもの干し首(注意!リンク先画像有)を挙げようかな。6日以内に売れたよ!
シュアール(ヒバロ)族の話と彼らが作成し売買する干し首は魅惑的なんだ。もしもっと知りたかったら質問して!

ヒバロ族スペイン語Jívaro あるいは Jíbaro)はアマゾン川上流のマラニョン川に住む少数民族。全体の人口は不明であるが、1960年時で14000人前後。
かつては首狩りの風習があり、手に入れた首級を乾燥させ全体を縮小させ目や口を糸などで縛った乾首(ツァンツァ)に加工していたことで有名である。
Wikipedia(画像有)より

 └・ワーォ、こりゃかなりすごい値段だな。
(訳注:商品ページの元値は2万9千ドル)

  └(OP) もう少し安く売ったけど、それが市場価格だ。通常、高価なアイテムにはある程度の金額的余裕をもたせてるんだ。

Q. 商品の値段はどうやって決めてるんだい?いくら儲けてるのかまでは聞いてないよ(それってまぁプライベートなことだからね!)。

A. 一部のアイテムは国際的レートで値段が付く。競売で高値取引する大きなコミュニティーがあるんだ。
他はアイテムの地域的・国際的不足に応じて値が付けられる。多くのものは輸出入が禁止されてるから、禁止前に入ってきていた分だけが入手可能だろう。

Q. 遺体をその一族や子孫に返すよう要求されたことある?


A. 北アメリカ先住民族は、商業取引されている遺体と取引が禁じられた遺体を取り戻すためのロビー活動(アメリカ先住民墓地保護・返還法)に成功したし、ニュージーランドのマオリ族は、過去に売られた遺体を積極的に探し出し、取り戻してる。
でもたいていのものは、返却に関する国際的な圧力も、公的な要望すらもほとんどないね。

関連記事:【インディアン居留地出身】ネイティブアメリカンだけど、なんか質問ある?【プエブロ族】

Q. ある耳鼻咽喉科医師から結婚祝いとして人間の頭蓋骨をもらったんだけど、ビリヤードルームに飾っておくぐらいしか思いつかないんだ。将来の孫を怖がらせるために、残りの骨を手に入れてクローゼットに吊るしておきたいんだけど、どうしたらいい?あるいは、この遺体を家族に返すにはどうしたらいい?

A. 国によって法律は違う。でもカナダの話なら、法的手段はないよ。
俺はずっと願ってるんだ。死後はどこか化石になれる場所に埋めてほしいと。トラの骨にまたがって、未来の考古学者たちに中指を立てた状態でさ。

Q. 君の専門分野で「聖杯」(訳注:喉から手が出るほど欲しいが、簡単には手に入らないもの。究極目標)と見なされるだろうものってなに?

A. みんながそれぞれの「聖杯」を持ってる。君たちが想像しうるありとあらゆる物が、世間のどこかに適正な値段で存在するから。
エジプトのミイラが多くのリストに挙がるが、俺はミイラならほとんどいつでも取り寄せられる。ふつうは干し首とペルーの長頭頭蓋骨。めちゃくちゃ金持ちじゃない限り予算オーバーだ。
俺のネットワークでは、ティラノサウルスの頭蓋骨、鎧をつけた中世の馬の骨、瓶に入れられた双頭の人間の赤ん坊などなどを目にしたことがあるよ。

Q. その奇妙なアイテムへの情熱はいつどうやって得たもんなの?

A. 動物保護の仕事を通じて、間接的に情熱を持ち始めた。輸入の需要を減らすために、野生で捕獲された外国の珍しいペットを繁殖させたり、救助活動をしたりしてたんだ。トカゲが欲しい人なら、恐竜も欲しいだろうと予想した……そこから手を広げただけさ。
若い頃はたくさんの危険な動物の世話をしてきた……死体はもっと扱いやすい!死んだ毒蛇に噛まれたことは一度あったけどね……

Q. 正直君のビジネスに興味があるんだ。すごい歴史マニアでさ。ビジネスをはじめるにあたってのアドバイスとかある?

A. この業界で生計を立てていくのは極めて難しい。ほとんどの人は趣味としてやってる。
君にどんなコネがあるか、隠れた秘宝を手に入れられる時と場所にいるかにすべてが掛かってる。
俺の場合は、ハイレベルな考古学者のコレクションを苦労して買い取ったし、ある博物館から大手のディーラーたちを紹介してもらった。
 
Q. んでさ、君が乗り越えなきゃいけなかった子供時代の悲劇的体験はなんだったわけ?

A. 俺のたまごっちの死。彼を骨格標本にするのは不可能だった。
真面目な話、おそらく俺に障害を残した子供時代の重病、てんかん発作・気絶との戦い、慢性的痛み。
でも今は子供の頃より安定してるし、対処法と自分のペースで生きる方法を学んだよ。

 └・それってコミックブックストアを経営しつつ、スーパーヒーローを見つけるためにわざと悲劇的大事故を引き起こしてるっていう人生?

  └(OP) 君に話したら秘密じゃなくなるだろ?



関連記事:【もう慣れた】400回以上骨折してるけど、なんか質問ある?【骨形成不全症】


12009年にエクアドルで発見された首なし死体数人分の頭部は、干し首になってネット販売されている可能性があるそうです……(怖)
本物をいくつか実際に目にしたことがありますが、知らずに見たら人間の頭部とは思わないだろうなというぐらい小さかったです。制作方法等詳しいことはWikipedia(画像あります)に載ってますので、興味のある方はどうぞ。

読んでくださってありがとうございます。ブログランキングに参加しています
↓この記事が面白かったと思ったら、応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ