「一番ハラハラしたのは、空気監視システムが、俺の作業場の空気中ですごく高濃度の一酸化炭素を検出したとき。生きてるはずがないぐらいの」── アメリカ海軍の原子力潜水艦に乗っていた男性によるAMA(なんでも聞いて)!


32777566601_0e436501ef
photo credit: U.S. Pacific Fleet 170213-N-TC277-049 via photopin (license)


元スレ:IamA Nuclear Electronics Technician on a US Submarine. I just got honorably discharged and can answer some questions. AMA!(2017/01/26)


(OP)
俺はアメリカの潜水艦の原子力エレクトロニクス技師。最近名誉除隊したところで、いくつか質問に答えられるよ。AMA(なんでも聞いて)!

略歴:
2011年1月に入隊。あの「Nuclear Pipeline」を全部修了した後、サンディエゴに配属された。西太平洋に2度派遣された。6年の任期を満了して、先週名誉除隊した。
「Nuclear Pipeline」について、派兵について、潜水艦について、あるいは海軍生活全般について、なんでも答えるよ。

証明:
PeStEtN



Q. 日常的に核兵器を扱う仕事?


A. 核兵器は扱ってなかったよ。潜水艦の動力として使われてる原子炉を扱ってたんだ。

Q. どの潜水艦に乗ってた?


A. USS サンフランシスコ SSN-711。

サンフランシスコUSS San Francisco, SSN-711)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の24番艦。艦名はカリフォルニア州サンフランシスコに因んで命名された。その名を持つ艦としては3隻目。
Wikipediaより

Q. 水中で過ごした最長期間は?

A. 初めての任務で77日間の航海をしたよ。ずっと海面下。懐かしい。

Q. 潜水艦内の明るさはどれぐらい?

A. かなり明るいよ。夜になると管制室は暗くされて、夜間視力を混乱させないように赤色懐中電灯の使用が要求される。潜望鏡オペレーターのためだよ。もし夜に白色光を管制室に持ち込んだら、ただじゃ済まされないよ!

Q. どこに航行したの?

A. 日本に4、5回。グアムに腐るほど。シンガポールと、ディエゴガルシアっていうインド洋のみじめな小島にも行った。クソ喰らえ、ディエゴガルシア。

Q. 君の乗ってた潜水艦の主な役目ってなに?戦闘?それとも他のなにか?

A. 全潜水艦の役目は情報収集、と言うかな。一部の潜水艦、弾道ミサイル潜水艦やSSGN(巡航ミサイル潜水艦)は、俺が乗っていた迅速攻撃型潜水艦よりももっと武器のキャパシティーを持ってる。でも俺たちも自衛力と、必要があれば神のなせる業を実行する能力を持ってたよ。

関連記事:
6368145a-s
「この世には2種類の秘密が存在する:他人に知られないようにしている秘密と、自分自身に知られないようにしている秘密」
【100万人超】他人の秘密を収集してるけど、なんか質問ある?【WEBで公開中】

Q. 狭い空間に長期間閉じ込められて不快にならない?


A. その問題は一度もなかったよ。俺はデカイけど。185cmで104〜109kg。
でも3年半の間に4、5人が乗り始めてすぐに去った。寝台で閉所恐怖症になったんだ。

└・寝台はどれぐらいの狭さ?

 └(OP) 平均で、縦187cm×横たぶん61〜76cmぐらい。寝返りを打つのも難しかった。縦もギリギリだったし。

Q. 乗組員は休みの時なにしてる?暇つぶしの選択肢は?

A. 俺たちの小さな潜水艦には、「Crew's Mess」(乗組員食堂)と呼ばれているエリアがある。そこには5台のテーブルがあって、XーBOX360を接続したテレビが数台あるんだ。だから数人が『マッデン』や『NBA』や『コールオブデューティー』をプレイして、他の人はクリベッジボードを使ってトランプをする。クリベッジは潜水艦で一番よくやるカードゲームだ。それに毎晩映画を再生しようともしてるよ。

Q. 外の世界とのコンタクトは簡単?例えば、家族に電話したり、ネットにアクセスしたり。

A. 海にいるときは、「Sailor Mail」以外の外界への連絡手段はゼロ。「Sailor Mail」は遮蔽されたEメールシステムで、送信者から受信者に届くまで通常2、3日を要する。だからコミュニケーションには4〜6日がかかる。もし人目を忍ぶ極秘ミッション中なら、交信を絶って、偶然通信が行われることもない。

Q. シフトはどんな感じ?

A. 海での「当直」は8時間交代制。起きててパネルやスペースやエリアをモニタリングしてる時間だ。それが8時間、毎日。食事のため30分解放される。それから1時間の当直後清掃があって、割り当てられたスペースを掃除する。その1時間の後に「Off-going」が始まる。メンテナンスやトレーニングや資格や試験の時間。次の8時間は「On-coming」、睡眠時間として設けられている「はず」で、理論上は侵すことのできないものだ。でももし「Off-going」時間にトレーニングをしなかったら、週に一度、トレーニングのために3時間早く起きなきゃいけない。終わったら訓練、週に3度、3〜5時間。「On-coming」中に訓練があったら大変なことになるよ。

Q. 食事には満足してた?メニューの例を挙げてくれる?

A. 潜水艦の乗組員は最高の食事を食べてるってみんなが言う。それが本当なら、海上の人たちに同情するよ。俺たちの食事はそれほどいいものじゃなかったから。
メニューはローテーションだった。例えば、月曜日のランチは何かのサンドイッチ、火曜日はタコス、木曜日の夜はパスタ(最高の晩御飯)、日曜はシーフードとステーキ(だいたいがステーキとエビ)。
最初の任務では、航行が延長したせいで食事が乏しくなって、一回の食事につき1つのタンパク質しか供給されなくなった。つまり小さい鶏の胸肉かホットドッグ1個。うれしくはなかったね。

(OP) 追記:金曜日(=Friday)Stir-Friday(Stirfry=さっと炒め)だったのを忘れてた。鶏肉にソースをちょっとかけただけのものをオレンジチキンって呼んでた。わりと美味しかったけど。

Q. 潜水艦内にシャワーはある?

A. あるよ。兵用に2つ。下士官用に1つ。士官用に1つ。艦長・副艦長共有用に1つ。
乗組員は常時120人ぐらい。

Q. 給水系統はどうなってるの?乗組員用にふんだんに水を作るシステムが備わってる?

A. 水は潜水艦で作ってるよ。水を貯めるタンクがある。残念だけど、かなり機密扱いのシステムだから、これ以上のことは言えない。悪いけど。

Q. シャワーは定期的に浴びられる?それとも制限がある?

A. 貯水タンクの水の量が適切な限り、好きなだけシャワーを浴びられるよ。だけど、節水のためにふさわしいエチケットは、シャワー室に入って、自分の体を濡らして(ハハハ)、水を止めて、シャンプーと石鹸を使って、その後水で流す。水は最長2〜3分間流していいことになってる。これで節水と1人当たりのシャワー時間の最短化ができて、次の人にシャワーを明け渡せる。
もし貯水タンクの水が少なすぎたり、給水システムに問題があったりしたら、指揮系統がシャワーを禁止するだろう。たいていは12〜24時間だけ。でも一度だけ、給水システムがかなり怪しくて、3日間シャワーが使えなかったことがあった。その後も節水のためにシャワーの監視が必要だった。ひどい仕打ちに聞こえるのはわかってるけど、もしその場にいたら、君たちだってシャワーに水を使うより飲み水に回したほうがいいって思うはずだよ。

Q. トイレを流したら、汚物はどこへ行く?

A. 大も小も全部を貯めるタンクがある。満タンになったときor日常業務の一部として、より浅くに上昇して中身を外へと噴き出す。すすいで、半年以上繰り返し。

Q. どうして酸素不足&二酸化炭素過多にならずにいられるの?

A. 化学反応で酸素を作り出して、二酸化炭素を取り除く機器があるんだ。これ以上の詳細は言えないけど、かなり厳密にモニターされて、比較的キツめな制限値内にキープされてるよ。

Q. 艦内は実際どれぐらい臭い?

A. すごく臭い。二酸化炭素を綺麗にするために化学薬品を使ってるんだけど、その薬品自体が臭いんだ。慣れるもんだけど、人を案内する時にハッチから降りて最初にもらうコメントはいつも「すごく臭い!」だった。

関連記事:
6368145a-s
「(嗅覚がないことで)心配事は1つ減る。
でもその減った分、新しい心配事がたくさん出てくる。」
【匂いのない生活】嗅覚を持ってないけど、なんか質問ある?【便利?不便?】

Q. 海中では圧力を感じる?

A. 深さが大きく変わるときには、飛行機の乗ってるときに似た耳の詰まりを感じるよ。でも空気は大気レベルに保たれるようになってる。それが普通に感じるように。艦内の圧力は時間が経つにつれて、俺たちが空気を使ってするいろんなことのせいで下がる。
興味深いことに、艦内の圧力は計測に基づく作業を変えることがある。差圧検出装置が艦内の空気圧を低下させたら、その変化は読取り値に直接影響する。ある日訓練中に作動し始めて、一部の人を怖がらせたよ。

Q. 潜水艦でセンサーが検出した一番気味の悪かった事象ってなに?

A. 一番ハラハラしたのは、空気監視システムが、俺の作業場の空気中ですごく高濃度の一酸化炭素を検出したとき。生きてるはずがないぐらいの。
空気測定担当者が俺のところにやってきて、こう言ったんだ。「やぁ、えーと、気分は大丈夫?」俺は「うん、上々だよ」と答えた。そしたら彼が「そりゃ良かった。ほんとなら君は死んでるはずだから」。機器が混乱してただけだと判明したけど、ちょっと怖かったね。ハハ。

Q. 潜水艦内で経験した一番クレイジーな出来事は?なにか興味深い/恐ろしい出来事があった?

A. 訓練をやっていて、その訓練では全蒸気システムをシャットダウンする必要があった。スクリューのシャフトを回転させるのには蒸気が使われていて、(全蒸気システムをシャットダウンすると)潜水艦は前に進まずに、沈み始める。だからシャフト回転用に電気を使ったバックアップが備わってるんだ。そのバックアップのブレーカーが故障してシャットダウンした。つまりシャフトを回転させる方法がゼロになった。言うまでもなく、その時が俺が今まで目にした中で最も素早く機関室が行動開始した時だった。

Q. 海中にいる間、誰かが悪事を働いたとする ── 誰かをノックアウトするとか、盗みとか、などなど。もしまだ任務が40日以上残ってるとしたら、どういう対処がされる?

A. 海軍はそういう問題を「Captain's Mast」ってやつで対処してる。艦長が罰を決めるんだ。たいてい罰は60日間の拘束(艦が港に戻る場合、離脱は許されない)、2ヶ月間の給料半分カット、そして階級ダウン。
人や艦に危険を引き起こすもっと重大な犯罪の場合は、艦内に「9-man」 と呼ばれる9つの寝台を備えた部屋が一室ある。そこは外からの施錠可能で、監禁用に指定されてる。俺が乗ってる時にそれに近い事態は一度も起こらなかった。そういう問題を起こした乗組員の体験談はすごく聞きたいけど。

Q. 艦内にはどんな蔵書/読み物があった?ダンジョンズ&ドラゴンズみたいなゲームでも遊んでた?

A. ほとんどの乗組員はKindleや電子書籍リーダーを持ってたよ。『白鯨』や『二都物語』みたいな古典文学を置いてある図書室もあった。
笑える話だけど、友人の1人が当直中にパソコンを使ってて叱られた。で、艦長が罰として、残りの任務期間、彼の私物の電子機器を全部没収したんだ。その後、彼は『白鯨』や『ドン・キホーテ』を読んでいた。俺たちのところにやってきては、俺たちが当直の間に彼が読んだところを話して聞かせてくれた。彼が何時間も鯨油について語るのを聞くのはすごく可笑しかったよ。
ダンジョンズ&ドラゴンズは誰もやってなかった。数人が遊戯王をやってて、他の数人がマジック:ザ・ギャザリングをやってたけど、まぁそんなところ。ほとんどはクリベッジとユーカーをやってた。

Q. 女性が潜水艦の乗組員になることが許可されると思う?それとも永遠に無理?

A. いい質問だ。
もっと大きな違う型の潜水艦では、すでに女性が乗り始めてる。俺が乗ってた型(より小さい)の潜水艦では、唯一の問題は兵站だろうと言っておこう。
他の回答で言ったけど、艦内には兵(約60〜70人)用に3つの仕切りと2つのシャワーを備えた1つのバスルームしかない。女性のプライバシーはないだろう。彼女たちは、男たちが寝台で男がすることをしている横で、上で、あるいは周りで寝なきゃいけないだろう。それが唯一俺が起こると思う問題だ。でも俺よりずっと賢い人たちが、きっと全潜水艦で上手く行く方法を考え出すだろうね。乗組員にとっては難しい変化になるだろうけど。
それにA-Gangers(配管や、原子力機器以外のほとんどを扱う人たち)から、今の衛生システムや配管が女性の生理用品を処理するのは難しいだろうと聞いたことがある。真実はわからないけど。

Q. 潜水艦内の生活でほとんどの人が予想してないだろうものってなに?

A. 俺の知る限り、男同士のセックスはないよ😃
日々はすごーーーーーーく遅ーーーーーーーーーーく過ぎて行く、でも時間が経つのはたいてい速い。一度潜水したら60日強(2ヶ月以上)を過ごして、それがまるで1週間かのように感じる。何度も何度も何度も同じことを繰り返しやってるから。俺たちが小さな泡の中に閉じこもってる間も外の世界が動き続けてるなんてクレイジーだね。

Q. 世界の混沌や腐敗から離れた水面下で味わっていた静穏を恋しく思う?

A. 俺にとって静穏とは、静けさと安らぎという意味だ。そんなものは一切なかった。いつも訓練、トレーニング、当直、掃除、メンテナンス、掃除。それが終わったら、また初めから繰り返すために睡眠をとろうとする。
スーパーステルス状態になって外界と一切通信を絶っている間は、ときどきこんなことを話してた。外の世界では第三次世界大戦が始まっているかもしれない、でも俺たちには海面上に上がるまで気付きようもない、それって怖いなって。あるいはゾンビ・アポカリプスが起きていて、俺たちは世界に生き残った最後の人類かもしれないって。もちろん非現実的な会話だった。
潜水艦や仕事を恋しくは思ってないよ。恋しいのは一緒にいた仲間たちだ。彼らとの関わり合いもね。

関連記事:
6368145a-s
「俺はゾンビ・アポカリプスに備えている。あるいは他の、もっとたいしたことないアポカリプスのために」
【画像有】本格的にゾンビ襲来に備えてるけど、なんか質問ある?【武器/食料/医療品】




3.5最近ネットの繋がらないジャングルに数日間滞在していたのですが、77日間ネット無しはとてもとても耐えられないと実感しました。電子書籍を読んでいても、つい調べ物したくなるんですよね……

読んでくださってありがとうございます。ブログランキングに参加しています
↓この記事が面白かったと思ったら、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ