今回のAMAの回答者はハリウッドで有名セレブを追いかけていた元パパラッチ。仕事とセレブたちの素顔について語っています。あの有名俳優との間に起きた事件も……。

Lens

元スレ:I used to be a paparazzo (2007-2011). I'm here to reveal all secrets of the dirty work and talk about celebrities.

(OP)
俺はかつてパパラッチだった(2007年から2011年まで)。汚れ仕事の秘密を明かし、有名人たちについて語るためにここにいる。

俺はなんとなくパパラッチになり、その仕事はすぐに俺の生活の全てになった。もともと1年でやめるつもりだったが、2011年に辞めたときには結局4年近くが経っていた。その後ロサンゼルスとハリウッドの生活からエスケープした。ロサンゼルス国際空港で頻繁に仕事をしていたから、事実上ほとんど全ての有名人に会った。彼らはみんなここを通り抜けないといけないからな。今俺はフリーライター、フォトグラファー、そしてミュージシャンなんかをやってる。

俺のウェブサイトはこれだ。このブログではセレブについて、そして俺のクレイジーな生活について綴っている。
ここに俺がパパラッチとして働いていた証拠のアルバムがある。
こっちはセレブの後をヤバい奴みたいにストーキングしてる俺の写真。 



こんなもんでいいか?よし……なんでも聞いてくれ!
 



Q. どうやってパパラッチになったの?

A. パパラッチをやってた兄貴に引き込まれた。
兄貴のきっかけは、今は亡きうちのばあちゃんがパパラッチのドキュメンタリーを見て、それについて話して聞かせたからさ。兄貴はフォトグラファーとしてヒューストン・クロニクルで働いていた。で、ある日メキシコ人歌手が公演中にステージから落下した瞬間の写真を偶然撮った。調べた結果、兄貴は気づいた。その写真にはどの新聞社の給料とも比べ物にならない値がつくと。兄貴はエージェントに電話してロサンゼルスへと飛んだ。そしてすぐにパパラッチとして働き始めた。

Q. ダニエル・ラドクリフがいつもパパラッチの写真を価値の無いものにしちゃうって聞いたことがある。彼は毎日同じ服を着ていて、全ての写真がまるで同じ日に撮られたみたいに見えるからって。
他のセレブの賢いパパラッチ撃退法ってどんなのがある?それから彼らの写真を「無価値」にしたいセレブになにかアドバイスは?

A. ラドクリフの判断は正しい。だがこれは女性セレブにとってはかなり難しいことだ。彼女たちは外見を良く見せるためになんでもやろうとするからな。(全ての女性セレブじゃないが……ごほごほ…クリステン・ステュアート。)
ジェシカ・シンプソンは俺の巨大な取引をぶち壊した。俺は彼女をパーフェクトに撮った。彼女は感じ良く微笑んでいた。ボスは俺が撮った彼女の写真が売れていると電話してきた。
だが彼女は飛行機の中でウィッグを被った写真をツイートしたんだ。そのせいで、雑誌社たちは俺の写真をキャンセルした。 セレブがタダで写真をアップしたら(あるいは雑誌社と取引したら)、パパラッチの努力はぶち壊しさ。
レオナルド・ディカプリオも彼の写真を無価値にするのが上手い(同時に彼の写真はすごく価値がある) 。彼は一歩先を行ってる。彼はレストランでは壁と向かいになるテーブルにつき、ウェイターの顔を見上げることも無く、絶対に帽子とサングラスを取らない。ディカプリオとナタリー・ポートマンを撮るのはめちゃくちゃ難しいんだ。
……君はまさか有名人か?君の写真を「無価値」にする(あるいはパパラッチを無価値にする)方法は他にもたくさんあるよ。幸運を祈る!

  ┗・他にどんなのがあるの?

   ┗・マリリン・マンソンは額に「F●CK」って書いた。彼の写真を出版不可能にするために。

    ┗(OP) それでもボカシを入れれば出版可能だろう。彼がそういうことをやったっていうストーリーは、同時にさらにメディアの関心を惹き付ける。 そういう写真は単にマンソンがロサンゼルス国際空港をぶらぶらしてる写真より価値がある。

Q. パパラッチの収入はどんな感じ?例えば、もし一匹狼ならかなり稼げる?

A. 場合による。最近じゃ給料は前よりも下がっていて、パパラッチはつまらない写真のために格闘してるらしい。 5セント~5,000ドル(あるいはもう少し)の間ってとこだろうな。俺の月の収入の平均は5,000ドルだった。ひどいときは1,000ドルもいかなかった、最高記録は12,000ドルだ。給料はトリッキーなんだ。写真が売れても雑誌社は数ヶ月後まで支払ってくれない。ブログに売れたって惨めになるような金額しか入ってこない。写真を買った仲介業者は金額にケチをつけ、少なく払う。だから金額はいつもバラバラだった。売上報告書は写真のタイトルと売却先と手数料を含んでいた。時々はその報告書は5ページに渡って小さな小さな金額を2,000ドルまで足したものになった。そんなわけで……常に収入は変動する。金は稼げたが、簡単にはいかなかった。(それに今じゃもっと状況が悪くなってると聞いてる。)

Q. 一番性格の悪いセレブは誰だった?俺もたくさんのセレブと会う機会があるんだが、俺はエディー・マーフィーがズバ抜けて嫌な奴だと思うね。


A. ショーン・ペンは俺の友だちを殴った。仕事を始めて2週間ぐらいのときだったかな。
ハビエル・バルデムは俺の目にツバを吐いた(俺は彼に対してナイスに接したのに)。 
たくさん嫌な奴がいるが、たいていは良い人たちさ。ふつうの人間みたいに、一部はくそったれで、一部は普通の人たちで、残りはめちゃくちゃ良い人たちさ。
エディー・マーフィーには一度も会ったことないんだが、君が言ってることはわかるよ。対照的に、サミュエル・L・ジャクソンは信じられないぐらい素晴らしく良い人だった。みんなは彼を意地悪そうだと思うかもしれないが。
これも意外かもしれないが、アル・パチーノも最高に感じがいいセレブの1人だ。ヒュー・ジャックマンもいつもスーパー・ナイスだ。彼とは男同士のハグがしたいね。みんながすごく意地悪だろうと思っているセレブの中には実は良い人もいるし、みんながすごく感じがいい人だと思ってるセレブの一部はマジで糞ったれだ。

 ┗・くそっ、ハビエル・バルデムはクールだと思ってたのに。

  ┗・彼はたぶんクールな人だよ。ただパパラッチが嫌いなだけさ。

   ┗(OP) あれはロサンゼルス国際空港での出来事だ。彼はペネロペ・クルスと一緒に歩いていて、俺は遠くからかなり感じの良いこと(「ロサンゼルスにようこそ。あなたの大ファンです。あなたの映画が大好きです」)をスペイン語で言った。彼は車に乗り込もうとするときに振り返った。俺は彼が手を伸ばして握手してくれるか、「ありがとう」と言うと思った。(他の多くのセレブたちがそうするように。)そうする代わりに彼はこう言った。「Eres basura」。そして目にツバを吐きかけた。俺はペネロペが怯えているのを見た。彼の付き人も怖がっていた。……俺も怖かった。だが怒鳴り返した。「俺はクソみたいな仕事で大学費用のためのクソみたいな借金を返そうとしてるただの男だ」って。でも無駄だった。彼は車に乗り込み、そこを去った。俺がボスに電話すると、ボスは俺に目撃者もたくさんいるんだし訴訟できるぞと言った。俺は考えた後警察と話した。警察は俺に言った。俺は生物兵器(あぁ…)による攻撃を告発できる。でもそれはアホみたいにたいへんだと。俺は訴訟を断念した。

    ┗・>「Eres basura」
     グーグル翻訳を使いたくない怠け者orスペイン語がわからない人用:「お前は人間のクズだ
ノーカントリー
出演: トミー・リー・ジョーンズ, ハビエル・バルデム, ジョシュ・ブローリン, ウッディ・ハレルソン, ケリー・マクドナルド

作品賞・監督賞などアカデミー賞4部門受賞!かつてないスリルと興奮に包まれたサスペンス・スリラーの傑作!荒野で狩りをしていたベトナム帰還兵のモスは偶然ギャングたちの死体と麻薬絡みの大金を発見。その金を奪ったモスは逃走するが、ギャングに雇われた殺し屋のシガーは邪魔者を次々と殺しながら執拗に彼の行方を追う。事件発覚後、保安官のベルは二人の行方を探るが…。

Q. コリー・モンティスと会ったことある?彼はナイスな人だった?

A. うん。あんまり覚えてないけど、写真から判断するとたぶん答えは「YES」だな。彼はクールだったよ。ほとんどの「glee/グリー」の出演者の子たちは感じが良かった。

Q. 写真を撮られることを不快に思った人に攻撃されたことはある?

A. ハビエル・バルデム以外は、逃げるか隠れるかだった。誰も攻撃してきた人はいないよ。ジャスティン・ビーバーとはちょっとしたゲームをした。どっちがより速く走れるかってやつ。俺が勝ったよ。
 
Q. 隠れてタバコを吸ってるセレブはいる?パーセンテージで言うとどれぐらい?

何度か喫煙シーンを撮ったよ。一部はイメージを守るために写真を消してほしいと頼んできた。でもそう多くはなかったよ。完全な予想だけど、30%ぐらいかな。その5%ぐらいがタバコを吸っていることを隠してる。

Q. セレブのボディーガードに言われたりされたりしたことで最高だったのは?

A. メアリー=ケイトとアシュリーのオルセン姉妹のボディーガードはすっげぇ親しみやすい人だ。彼はいつも俺に調子はどうだと尋ねてくれたし、撮影の邪魔をしてこなかった。ちゃんと自分の仕事をしていたよ。
ファーギーのボディーガードはまるで彼女の親友みたいなんだ。いつも素晴らしい対応をしてくれた。
ジェシカ・シンプソンのボディーガードは、かつて仕事をしたことがある人たちの話を聞かせてくれた。彼は元警官で元海軍なんだ。もし俺が本当に脅威となる人物だったらどうするか尋ねたことがある。1秒も経たないうちに、腕を背中に痛みとともに固定されて動けなくされた。彼はめちゃくちゃタフでクールだったよ。

Q. レッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバーに会ったことある?

A. あぁ。俺はアンソニー・キーディスと彼の息子のエヴァリーの「有名な」写真を撮った。アンソニーはマジですごく親しみやすくて、ほんとにいい人だった。それからフリーとチャドにも会った。どちらもすごくいい人たちなんだけど、パパラッチ分野の写真としては事実上無価値なんだ。
 
 ┗・そいつはアンソニー・キーディスじゃないぞ!だってシャツを着てるじゃないか!

  ┗・下は靴下だけ。

   ┗・ハハ、俺はアンソニーが靴下の片方を無くす心配をしなくていいって考えが大好きさ。彼は一度に片方の靴下しか必要ないんだもんな。

 ┗・ジョン・フルシアンテは?

  ┗(OP) 会ったことはあると思うが、彼の写真を売ろうとしたことは一度も無い。ハードディスクを探ってみたが……彼の写真は出てこなかった。

Q. 一番「需要のある」セレブは誰?

A. ジェニファー・アニストン、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーは需要のトップ3だ。いつも良い値がつく。

Q. 一番価値がある写真はどれ?(みんなが欲しがるものじゃなくて、あなた個人にとって)ところで……あなたトム・ヒドルストンの写真持ってない?

A. 一番のお気に入りはハワイで取ったリンジー・ローハンの写真だ。初めての出張だったし、売上も良かった。500mmレンズを使ったのもあれが初めてだった。だが大事にしてる写真は他にもたくさんあるよ。(たとえば握手してくれたポール・マッカートニーのとか)
悪いけど、ヒドルストンには会ったことが無い。俺がパパラッチだったときには有名じゃなかったから。:(

Q. 無名時代から知ってるセレブはいた?もしそうなら、そのことは仕事に有利に働いた?

A. たくさんね。俺が駆け出しの頃、「トワイライト」の出演者は無名だった。ニッキー・リードは俺の隣人で、すごく良い人だったよ。俺たちは誕生日が1日違いで、共通の趣味をたくさん持っていた。
それから、セレーナ・ゴメスは「ウェイバリー通りのウィザードたち」に出てるただの小さな女の子だった。マイリー・サイラスはただのマイリーだった。2人がビッグになっていくのを見るのはすごく奇妙な感じだった。2人とも、あまり有名じゃなかった頃はとても感じがいい子たちだったんだ。すぐに変わってしまったけど
有名になったセレブたちが俺を覚えていれば、それは仕事に有利に働いたよ。例えばヴァネッサ・ハジェンズ。彼女はいつも俺のカメラに向かって微笑んでくれた。他のパパラッチはいつも「何が起こってるんだ!?お前どうやったんだ!?」って顔をしてたよ。ひどくマヌケに聞こえるかもしれないが、俺はときどき彼女が恋しくなる……

Q. 金になる写真を撮るためにやった中で一番破壊的または侵害的な行為はなに?

A. 自分がやった最悪な行為に何日も苛ませられたことがあるよ……。
あれはマーシャ・クロスの双子の娘の誕生日だった。癌を患っている夫も一緒にいた。あの仕事はすごく気分が悪かった。パートナーといたんだが、俺たちは車から離れず、マーシャの家族が公園での1日を楽しむ様子を隠れて撮影した。その後彼らがコーヒーを飲みに行った時、彼らは俺たちに会った。すごく穏やかで、感じの良い人たちだった。マジな話、どうしてあんなに感じ良くしてくれたのか、今でも信じられずにいる。彼らは俺たちが付け回して車の中から写真を撮っていたことを知っていたのに、俺たちにお礼を言ったんだ。一家と距離を置いていたことに対して。今でもすごく嫌な気分になる。俺は自分の仕事を憎んだ。いくつか似たようなことをやったのを思い出したよ。わかるだろ……嫌な奴であることはこの仕事の一部だ。
実際に「侵害的」なことは一度もしなかった。ブルース・ウィリスには一度通報されたが。彼は俺が彼の敷地内に入ろうとしたと言ったんだが、実際はただマルホランド・アベニューの茂みで立ちションしてただけさ……

Q. 写真を撮らせるために君に連絡してきたセレブはいた?ヒラリー・ダフはそうしてるって聞いたけど。

A. 個人的には経験ないな。たくさんのセレブが他のパパラッチたちに頼んでるよ。

 ┗・それって誰?

  ┗(OP) 多くのセレブにそういう過去がある……。「トワイライト」の出演者たち、カーダシアン一家、リンジー・ローハン、「ザ・ヒルズ」の出演者のほとんど。広報係を通じて頼んでくるときもある。パパラッチにセレブが必要なのと同様に、セレブにはパパラッチが必要なのさ。(あるいはもっとかも……)

THE HILLS
夢は叶う。特に、若くリッチで美しい女性なら、ゴージャスな暮らしも決して手の届かない世界じゃない。人生とファッションを存分に楽しもうと、ローレンは故郷ラグナ・ビーチを離れ、ハリウッドに向かう。LAで評判の学校、ファッション・インスティテュート・オブ・デザイン・アンド・マーチャンダイジング(FIDM)に通い始めたローレンと親友ハイディ。大都会での華やかなキャリアは2人の憧れ。計画は完璧で、スタートは順調だった。ステキな部屋、大きな夢、親友との楽しい生活。でも、現実は夢のようにはいかないもの。特に人々とのかかわり合いの中では…。

Q. パパラッチ業界って、なにか制限とか暗黙のルールみたいなものを持ってるの?

A. あぁ。だけど今じゃ不文律を乱す馬鹿なパパラッチがたくさんいるんだ。だから制限は無くなった。あいつらは写真を撮るためになんでもやる。俺にとってのルールは簡単で単純なものさ。セレブになってしまった人への敬意を忘れないこと、だよ。
TMZ(訳注:アメリカのセレブニュースサイト)はかなり基本的なルールをビデオグラファーに対して設けているよ。セレブたちをリスペクトし、彼らが撮られたくないときは撮ってはいけないっていうルールさ。もし糞ったれなパパラッチが撮ったセレブを怒らせてる動画を見たら、それはTMZのパパラッチじゃない。(あるいは、それが原因でTMZを解雇された奴だ。)

Q. もし君自身が突然超有名人になったとしたら、プライバシーを持てないことや、後を追われることに対して不満を言うと思う?それともつべこべ言わずに我慢して生活の一部だと受け入れる?パパラッチに微笑んで話しかけると思う?それとも嫌悪感をあらわに接する?

A. もちろん過去にこのことについて考えたことがある。最近じゃ、プライバシーの問題はインターネットとNSA(国家安全保障局)によって失われつつあると思ってるよ。俺は自分が何者であるかを恥じてないし、パパラッチに微笑んでオープンに話しかけるだろう。もしそのときハネムーンみたいなものの最中だったら、そして糞野郎が500mm以上のレンズで俺を撮っていたら、そいつを憎むだろうけど。でもそれが起こるのを防ぐ簡単な方法がある。多くのセレブが既に気づいてる。(単に自分の写真を撮って、無料でネット上にアップすること。それで金になる写真を殺すことが出来る)
俺はパパラッチだった頃に憧れていた、素晴らしい態度で接してくれたセレブたちの例に従うだろう。パパラッチだってただの人間だ。一部のクソみたいなニュースを欲しがるクソみたいなメディアのために働いているってだけさ。
 



044932「ノーカントリー」のイメージが強すぎて、ハビエル・バルデム怖いです……


ブログランキングに参加しています
↓この記事が面白かったと思ったら、応援よろしくお願いします

 にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ