※お願い※ この記事を全文転載している方を見かけました。一部引用でしたらかまいませんが全文は困ります。ご理解よろしくお願いします。

事件発生後、一躍世界の注目を集めた「コロンバイン高校銃乱射事件」。警察の恐るべき隠蔽工作によって突然渦中の人物に仕立て上げられた青年が、その後歩んできた人生とはどんなものだったのか…。衝撃の「なんか質問ある?」〈後編〉。最終回です。
※重複や長さの都合上、質問・回答はまとめたり分割したりしています。

関連記事:
「コロンバイン高校銃乱射事件」の生き残りだけど、なんか質問ある?〈前編〉
「コロンバイン高校銃乱射事件」の生き残りだけど、なんか質問ある?〈中編〉

Columbine
事件後コロンバイン高校に作られたモニュメント

(ブルックス・ブラウン)
たくさんの質問(というかほとんどのコメント)に答えてきたと思う。1,500ものコメントをもらえるなんて全く予想していなかった。君たちの優しいメッセージに感謝してる。おかげで頑張って答える気力がわいてくるよ。:)
(訳注:最終的に2,699コメントが寄せられました)

Q. 明らかに事件は君の人生を大きく変えたよね。もし事件が起こらなかったら、今頃君はどうしていたと思う?

A. わからない。大学に行けなかったのも、マイケル・ムーアと仕事ができたのも、サンフランシスコに引っ越すまであまり友だちを作れなかったのも、素晴らしい妻を持てたのも、ちょっとした飲酒問題を抱えていたのも、全部事件が起きたからだ。事件が起こらなかった人生を想像できない。あまりにもたくさんの素晴らしいことと恐ろしいことがありすぎて。

 ┗・>素晴らしい妻を持ったのも...事件が起きたからだ
  これはどういうことか説明してくれる?

  ┗(OP) 大学に進学していたら、高校のディベート大会の審判には戻らなかっただろう。そこは1年後に彼女と偶然再開した場所だ。それ以来ずっと一緒にいるよ。

Q. 君が学校に戻ることを「許されなかった」という件だが、詳しく教えてくれないか?……だれが君にそれを伝えたんだ?

A. 警察だ。郡の保安官たちだよ。「もし戻ったら、お前は高校を卒業できなくなるだろう。だが戻らなかったらできるだろう」と言われた。俺は卒業を選んだ。

Q. 事件の前は大学進学を計画していたの?君は高校3年生だったといったから、たぶんすでに準備していたんだろう。なにが君の気持ちを変えたんだ?

A. 計画してた。でも鬱状態(ほんとにひどい重度の鬱状態)のせいで、進学が不可能なことは明らかだった。
俺は強い人間じゃない。むしろ弱い人間と言えるだろう。みんなが大学進学の準備をしている一方で、俺は恐ろしい憂鬱の中に沈んでいた。考えることができたのは事件について話すことだけだった。不健全だよな。
数年後にコミュニティ・カレッジ(訳注:公立の2年制大学)に入ってみたけど、途中で行くのを止めた。事件の汚名が広まりすぎてた。

Q. 現在鬱状態にある人たちになにかアドバイスはある?

A. 助けを求めろ。君が持ってる全てのパワーを、家族や友人たちの助けを求めることに使うんだ。彼らは助けたがってる。助けさせてあげるんだ。 

Q. 僕が一番知りたいのは、メディア報道に対しての気持ちだ。マイケル・ムーアからFOX、マリリン・マンソンまで。



A. FOXは、実はいい経験のひとつだった。シェパード・スミスと何度か仕事して、素晴らしいものができた。他の人たちは……それほどじゃない。ほとんどのリポーターは純粋に事件に関心を持っている。シニカルにやってるわけじゃない。少数のくそったれもいるが、FOXでさえ純粋にニュースを伝えたい人たちがいるんだ。
「ボーリング・フォー・コロンバイン」は気に入った。多くの人があの映画が言いたいことをわかってないように見えるけど(あれはアンチ銃映画じゃない!)。
マリリン・マンソンは素晴らしかった。でも俺はずっと彼のファンの1人だったから、バイアスがかってるかもしれない。
最高の報道は実は海外の報道機関によるものだった。BBC、NHK、などなど。彼らは報道に絶妙なニュアンスを残しておいてくれた。:)

 ┗・それじゃ「ボーリング・フォー・コロンバイン」の主張はなんだと思う?最近見直して似た結論に達したんだ。少なくともアンチ銃というメッセージは弱いように見える。ムーアは多くの時間を武器へのアクセスや、カナダのような国々では銃による事件が少ないという議論に時間を費やしていたから。だから僕はアンチ銃メッセージが機能してるかどうかわからなかった。

  ┗(OP) 彼が言いたいのは銃のことじゃなくて、アメリカが暴力的な国なんだってことだ。それが俺たちだ。アメリカ国民だ。恐れ、暴力、憎しみ、排他的思想、などなど。なんていうか、俺たちはめちゃくちゃなのさ。

   ┗・ 僕はあの映画の中でムーアがカナダについて話し始めたとき、かなりびっくりしたよ。本当にショックを受けた。問題は殺し合いの道具を買うことの自由ではなく、銃を使う人々のメンタリティにあるということと、そのメンタリティがどのようにして形成されたものなのかということに。イギリスに住んでる人間にとってさえ、それは衝撃的だった。

    ┗・そこの部分が俺は嫌いだ。ムーアはカナダ人は玄関に鍵をかけないと話していたけど、馬鹿げてる。俺の近所(ブリティッシュコロンビア州)じゃみんな鍵かけてるぜ。ここが例外だって言うんなら、アメリカにだって鍵をかけない地域があるだろうよ。

     ┗・アメリカのワシントン州に住んでるけど、私もあんまり玄関の鍵をかけないわ。車だって常にロックしないもの。荷物も全部置いたままよ。強盗しないでね!:O 

Q. ドキュメンタリーを撮るためにマイケル・ムーアの方から君に連絡してきたの?

A. それが実際笑える話なんだ。あれは事件の約1年後に、ディランの家で夕食を食べていたときのことだ。ディランのお父さんが俺に「誰かが事件についてのドキュメンタリーを作るべきだ」、「マイケル・ムーアなら完璧だ」と言った。それで俺はその夜図書館に行ってムーアにメールしたんだ(当時はパソコンを持っていなかった)。返信が来たとき、そしてその返信に彼がこっちに来るつもりだと書いてあったのを読んだとき、俺は唖然としたよ。「ロジャー&ミー」の大ファンだったから。

Q. 個人の銃所持に関する君のスタンスは?事件の後でそれは変化した?

A. 銃は心底大嫌いだ。だが人が銃を愛そうと憎もうと所持しようとかまわない。昔から同じ考えだ。

 ┗・それって君のテレビゲームキャリアに影響した?

  ┗(OP) 正確に言うと、俺が嫌いなのは本物の銃だ。同時に俺はパニッシャーの大ファンで、よくできた戦争映画も大好きだし、「バッド・カンパニー2」は去年最高のマルチプレイヤーゲーム だと思ってる。それにゾンビも好きだよ。

Q. 「スーパーコロンバイン大虐殺RPG!」についてどう思う?君はこのゲームについて述べる資格を持つ1人だと思うけど。

スーパーコロンバイン大虐殺RPG!(-だいぎゃくさつ-, 原題:Super Columbine Massacre RPG!)は1999年コロラド州リトルトンで起きたコロンバイン高校銃乱射事件に着想を得て作られた同人ゲームで、RPGツクールによって作成されている。(略) 実際に事件を起こしたエリック・ハリス(Eric Harris)とディラン・クレボルド(Dylan Klebold)の緻密な心理状況・会話内容を描写したことにより毀誉褒貶を受け、PCワールド誌における特集「2006年度最悪のゲーム10」では2番目にノミネートされた。

Wikipediaより 


A. 明らかにちょっと敬意を欠いた作品だ。でも犠牲者の家族は全く気にしていない。自分たちの生活で忙しいから。 

Q. この事件における警察の対応についてかなりネガティブな視点を持っている人もいるみたいだけど、君はどう思う?

A. 警官たちは奴らが触れるもの全てを台無しにしていったのさ。:)

Q. エリックから「ここから離れろ」と言われたときにみんなに警告していたら…と考えた?君に誰かを救うことができたと思う?それとも無理な話だった?なにか悲劇を防げるものがあったと思う?

A. なにが起こるか気づいていたなら……あぁ、事態は変わっていたかもしれないし、変わらなかったかもしれない。俺の兄は他の生徒たちと一緒に食堂にいて、校内を追われたんだ。それは考えたくない類いのものだ。あの時の俺には何が起こるか全然わからなかった。
あぁ!俺が唯一確信してるのは、警察が事件を未然に防ぐことができただろうってことだ。事件から5年後の政府報告書は、エリックの精神病的な振る舞いについて20もの通報があったと言っている。本当に恐ろしいことだ。カウンセラーが自殺願望と殺人傾向に常に捕われていると判断した子どもが少年更正システムの外におかれたままなんて。エリックはたくさんの生徒を殺すと脅して通報されていた……だがなにも起こらなかった。警察はなにもしなかった。あいつらには絶対なにかできることがあったのに。
 

宣誓供述書はファイルされなかった。この情報は、2001年9月まで公表されなかった(捜査令状が発行されなかったのは、家宅捜査をする十分となる根拠が無かったためであるが、ジェファーソン郡は存在自体を隠蔽した)。

Wikipediaより

Q. 警察は事件についてどこまで隠してるんだい?

A.  警察は大量の報告書を持っていた。奴らは報告書について嘘をついた。奴らはなにもしなかった。教師を床の上で大量出血死させたのに、法廷外で片付けて隠蔽した。酷い話だ。基本的にそんなことがたくさんあった

  • 警察はハリスとクレボルトが銃撃しているとき、現場の状況が十分に確認できていたにも拘らず、ストーン保安官の指揮官決定に従って応戦せずに傍観していた(負傷した教師のデイヴ・サンダースは、他の生徒らが懸命に助けようとしていたにも拘らず、警察の突入が無く、数時間後に大量出血で死亡してしまった)。
  • 警察が公表した事件の報告書には、いくつもの間違った記述がされていた。そのひとつである、ブルックスが事件前後にいた位置については、ブルックスは「警察が、いかにも自分が怪しいと人々に思わせる為に、わざと位置を間違えて公表した」と、自著に書いている。
  • 警察らの調査に不満を感じた生存者や犠牲者の家族などが、事件後に第三者などによる再調査を求め、立法機関の委員会で決を採ったが、これは否決された。これには、事前に警察が委員に圧力をかけていたとの説もある。
  • Wikipediaより

    Q. もしあの事件の前に戻って何かできるとしたらどうする?つまり、同じような事件が起こるのを防ぐために、君からどんなアドバイスができる?

    A. 父親と2人でそのことについて何度も話し合った。俺たちは警察に17回通報した。エリックの両親を訪ねた。ディランのところもだ。警察は俺たちに「対処している」と言った。その後エリックが警察に絞られたと友だちから聞いた。だから解決に向かってると思っていた。後に、通報とエリックが絞られた件は完全に無関係だったと判ったが。俺に何ができたかはわからない。良いニュースは、今は警察もこのクソみたいな出来事を深刻にとらえてるってことだ。俺にとってそれは慰めだ。

     ┗・君のレスを読んでると、君が事件に対して無力感を抱いているように思える。 僕は君の声が世の中を変えられると知ってほしい。君はあの事件を防げなかったかもしれない。でも警察の態度を変え、そのことはこれから起こる可能性のあった同様の事件を防いだかもしれない。
    僕には同時期に同じことを計画していた友人たちがいる。実行に移す気があったかどうかはわからない。でも1人はロッカーに銃を隠し持っていた。警察はその情報を得て、彼は逮捕された。もし君やご家族みたいな人たちがいなかったら、同じような事件が起こり続けていたかもしれないんだ。僕はこの国に、事態を真剣に受け止めることと妄想に取り憑かれることの違いを理解してほしいと思う。そしてそれが事態が動いているときにそれを止めるのと同じぐらい重大だということも。僕はもっと事件のきっかけを防ぐことに焦点が当てられてほしいと思うよ。例えば、いじめを防ぐことに。

    Q. 客観的に答えることはできないかもしれないけど……事件前のコロンバイン高校は「高い危険性のある」学校だったと思う?僕には「郊外にある普通の中流クラス」の学校に見えたんだ……。少なくともメディアが僕に与えた印象はそうだった。

    A. 事件前に別の学校(たぶんパデューカだったと思う)で銃乱射事件が起きたとき、俺たちは「次の銃乱射事件の舞台はここだな」と冗談を言っていた。もしかしたらアメリカ中の学校でみんなそんな冗談を言い合っていたかもしれない。でも振り返ってみると奇妙に思う。
    コロンバイン高校1999年イヤーブックの写真。
    エリック(左上の黒い帽子とサングラスの生徒)、ディラン(エリックの右上)、ブルックス(エリックの左下)の姿も。

    Q. フランク・デアンジェリスはどんな校長だった?

    A. ドアホな老いぼれだ。生徒たちに尊敬されるよりも好かれることを望むような奴さ。無能でキモい意気地なしだよ。
    元々俺はあいつのことをダメ人間だと思っていた。その考えは事件の後さらに強まった。あいつは「俺が校長室に来ていじめのことで泣いていて、あいつが頼れる相談相手としてそこにいた」という物語を聞かせてくれるだろう。だがその後で「いじめの事実はなかった」と言うだろう。おかしな野郎だ。
     
    Q. またいじめ反対キャンペーンに参加するつもりはないの?いじめ反対運動に参加したいと思ってる人になにかアドバイスはある?過去に運動に参加していたとき、特に助けとなるものはあった?

    A. 数ヶ月前にある高校で話をしたけど、ほとんど過去の話さ。
    俺が活動を辞めた理由の1つは、人間について「何か」を学んだからだった。(もしこの「何か」を説明する「法律」や「ルール」 があるなら教えてくれ!)
    俺を講演に招いた学校は、俺を最も必要としない学校だった。俺を最も必要としている学校は、俺に話しかけさえもしなかった。聖歌隊に説教することは、少なくとも始めのうちは満足できる。だがそのうち無駄だと感じるようになるもんさ。

    Q. 今年の夏にテキサスでいじめ反対の法律を作ることに取り組んでるかもしれないんだけど、アドバイスもらえないか?

    A. 大人が大人に対してやった場合に違法に当たることは、子どもが子どもにやっても違法であるべきだ。

    Q. アメリカは事件によって良い方向に変わったと思う?それとも悪い方向に?僕は事件の研究を通じて、メディア報道や新しい法律やゼロトレランス方式の全てが、加害者同様に悲劇を賛美しているだけだと考える人々に出会った。一方で、事件後に高まった注意力や厳しい処置が歴史を繰り返さないためのベストな防御策であると信じる人もいた。君の意見が聞きたい。

    ゼロトレランス方式(ゼロトレランスほうしき、英語zero-tolerance policing)とは、割れ窓理論に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。日本語では「不寛容」「無寛容」「非寛容」等と表現され、転じて「毅然たる対応方式」などと意訳される。
    Wikipediaより 

    A. 良い方向にも悪い方向にも変わったよ!アメリカってのはめちゃくちゃ奇妙な国だ。
    今俺たちは前より上手く反応できる。誰かを殺そうとしていた奴らが、事件が起こる前に逮捕されたっていう話を読んでみろよ。そういう出来事を知れて嬉しい。最近の子どもたちはいじめに対して前より繊細になってる。それも素晴らしいことだ。
    悪い方には?アメリカはいまだに全てのものを非難しようとしてるんだ。それについて考えようとするんじゃなしに。俺はそういうニュースの繰り返しを非難するね。

     ┗・最後の文に笑った。君って頭良いな。

      ┗(OP) ジョークが通じて嬉しいよ。:)

     ┗・君は本当にそういう処置が殺人を防ぐと信じてるのか?本当に病的興奮や不安や押し付けがましい抑圧が、殺人という最終結果を正当化すると思ってるのか?大きな視点で考えれば、そういう出来事は信じられないぐらい稀だ。イカレた殺人者の手にかかって死ぬより、バスタブで滑って死ぬ人間の方が多いだろう。そういう事件を犯す奴らへのベストな対処法はそいつらを無視することじゃないか?そいつらの多くは事件で有名になりたいがためにやってるだろう?
    マヌケのフリするのは止めろよ。大きな視点で、正直に、もし殺人犯どもへの反応がもっとネガティブなものだったらって考えてみろ。

      ┗(OP) 俺たちは事件から学ぶべきだだが過剰反応すべきじゃない。俺たちは過剰反応してしまった。子ども時代について、成長について、社会規範について、いじめについて、教育について……学ぶことは山ほどある。だが誰も事件の状況を正しく説明できていないように見える。学校での銃乱射事件はめちゃくちゃレアなことだ。同じくテロリストの襲撃も。でもなぜかどっちも人々の恐怖チャートの2トップなんだ。

    Q. まだコロンバイン高校の元生徒たちと連絡取ってる?


    A. 2、3人とはfacebookで。会ってるのは兄だけだ。

      ┗・お兄さんの人生に事件はどう影響した?

       ┗(OP) 兄は事件について話そうとしない。話しても楽しくないし、話さない。実は前からずっと同じ会社で一緒に働いてるんだ。仕事中、事件について話したことは1度もない。兄は今ちょうどコロラドに帰省していて、だからこのAMAをやることができたんだ。変に聞こえるかもしれないけど、兄は事件につきまとわれたくないんだ。

    Q. 事件はその後の友だち選びに影響した?もしそうならどんな風に?

    A. 前と変わらないな。でも俺と友だちになるってことは、いつかの時点で俺の過去を知るってことだ。誰でもググれば俺について知ることができる。それにはちょっとイラつくよ。おまけに飲んでるときは最終的に自分から過去を話し出しちまうんだ。厄介な話だ。俺にスコッチを1、2杯与えれば、一晩中事件について語り明かせるだろう。なんてこった。俺って酔っぱらいみたいじゃないか。

    Q. 事件が君に影響しなくなる日が来ると思うかい?

    A. 影響は弱くはなってる。だが消えることはない。どれだけの時間が経とうと、職場の廊下を歩いているときに誰かに呼び止められて、俺が書いた本の大ファンだと言われるだろう。あるいは毎日facebookに届くメッセージやフレンドリクエストの3分の1は、まったく知らない人や「エリックとディランのファン」たちからだろう。事件が俺の人生にほとんど影響しなくなる日は、永遠に来ないだろう。



    Q. 生き残ってしまったことへの罪悪感はある?


    A. 何年も罪悪感を抱えていた。今もたまに感じる。それが消えることは決してない。

    Q. 彼らが事件を起こしたことは君にとって驚きだった?

    A. 俺はいまだに2人があんなことをやったなんて受け入れられずにいるんだ。俺の一部は受け入れるのを嫌がっている。

    Q. まだ煙草を吸ってる?

    A. 前よりもね。

    Q. 君は今幸せかい?

    A. あぁ、幸せだよ。ここにたどり着くまで長い道のりだった。けど今は上手くやってるよ。 

    関連記事:【69人死亡】ウトヤ島銃乱射事件の生き残りだけど、なんか質問ある?【ノルウェー連続テロ事件】



    1悲しみ、憤り、無念さ……翻訳している間ブルックスさんの様々な思いが伝わってきて、読んでいて圧倒され通しでした。

    他の関係者のその後を調べて、さらに複雑な心境になりました……

    • フランク・デアンジェリス校長:今年8月に14年勤めたコロンバイン高校校長の座を引退。
    • 隠蔽工作を行った警察の1人、ジェフ・シュレイダー氏:事件直後に昇進。現在では少年犯罪などのスペシャルプロジェクトを担当している。

    最後まで読んでくださって有り難うございました!
    ブログランキングに参加しています
    ↓この記事が面白かったと思ったら、応援よろしくお願いします

     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ